代表者ごあいさつ

山本 義雄 プロフィール

資格

住宅ローンアドバイザー 第0604790号(住宅金融普及協会)

経歴

1987年 2月 山本材木店代表となる

2005年 2月  住宅建設合理化システム導入

2005年 5月 ジャーブネット加入(適正価格の家づくりに参加)

2011年 1月  全国一斉フェアVol36参加(太陽光発電システム)

2015年 1月  全国一斉フェアVol48参加(売電)

2015年  4月 全国一斉フェアV0l49参加(住宅ローン応援フェア)

所属

栃木県木材業協同組合連合会

ジャーブネット会員

ごあいさつ

はじめまして、山本義雄です。私は芳賀町に生まれ、高校卒業後、父が営む材木店で約10年間、現場の基礎工事から木材の選定、職人さんの手配等、建築の全般を経験しました。

現場を数多く経験する事で【木材の良し悪しを見分ける事】が大切な事を知りました。木材は製材してから乾燥するにしたがって反りが出たりちぢんだりしますので、それを見分ける事が重要になってきます。そのために木材市場にたびたび出向き、良い木材を選び抜く目を養い、経験をつみました。

そうやって選んだ木材を使って家を建ててきました。建てた家が何十年たった今でも、柱や木材の部分に狂いや反りがなく安定しているのを見ることがあります。そんな時、良い木材を使ってきて本当に良かったと思うのです。

29歳の時、父が病気で倒れたのを機に材木店を継ぎました。初めのころは営業に行ってもなかなか建物の受注はできませんでしたが、長年協力してくれた職人さんやOBのお客様のお世話で、受注をいただいた事もたくさんありました。たいへんありがたかった事を今でも忘れません。

そして今、数多くの木造住宅を建ててきて思うことは、造り手の側で考える家ではなく、住む側から考える家が大切だと思うようになったのです。家は大きい家もあれば小さい家もあります。大切なのは住まわれる方にとって、建てた家が本当に欲しかった家かどうかだと思います。

せっかく建てた家が実際に住んでみると無駄に広すぎて使わない部屋があったりしたら・・・

住む方にとって家づくりは人生の一大事業です。大きな家を建てて無駄な空間や無駄なコストをかけるよりは小さくても自分のライフスタイルに合った家で、潤いのある生活を送ってほしいのです。

そこでこの度、住む方のライフスタイルに合うように、平屋本来のゆったりした空間や無駄の少ないシンプルなプランを提案していきたいと考えて、平屋専門の家づくり『平屋ホーム』を開業いたしました。

初めてお会いしてからお引渡しの最後まで、お客さまに寄り添い全力で対応させていただきます。どんな小さな事でもかまいませんので、お気軽にお問合せいただければ幸いです。

                                                        代表 山本義雄

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

028-677-1488

営業時間:8:00~18:00
定休日:年末年始
※フォーム問合せは24時間受付中

TOP

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

028-677-1488

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。